離婚日記~夫婦を続けるためには

50代女子。離婚を決めました。どんなふうになっていくのかわからないから・・その道のりを綴ってみようと思います。

回避

そろそろ年末の掃除を始めようとあちこちを片付けはじめている。 ここ数年大掃除の際は、俺様にはこれとこれをやってほしいという要望を前もって伝えておくことにしている。 伝えて了承を得ることはとても重要なことで、これが無いと狂ったように怒り出すこ…

決意

前回の事件があってから俺様は、小さく怒ることはあっても怒鳴り散らして暴れるようなことはない。 でもこれで安心していると・・次がくる、次がくる。 ぬか喜びは禁物だ。 俺様も最近の何もない状態に気づいているようで、どうやらお花畑状態になっているよ…

人生の底

当時俺様は、義父と一緒に働いていた。 義父の仕事を継ぐためだった。 義父は職人として長く同じ仕事をしていたので、取引先には随分と信頼はされていたようだが、なにしろ肉体労働だったので年齢の壁は大きかったようだ。 高齢というわけではなかったのに、…

暗転

私は生来の甘えん坊。 子どもの頃から、父親に頭を撫でてもらうのが大好きで、父親が自分の男性像だった気がする。 そして、甘えられる、寄り掛かれる、何でも相談できる、そういう人だと勘違いして俺様と交際を始めた。 そういう人だと、ずっと騙されてきた…

お金

俺様の風俗騒動は、もう私の中ではどうでもいい場所に収められている。 それに対する感情は間違いなく何もない。 ただ唯一、そのことで少しだけ沸き立つ何かがあると言えばお金に関してのこと。 健全ではない、家族を傷つけるだけの遊びに、いったいいくらの…

息子の涙

息子は威張っている義父(息子からすると祖父)が嫌いだった。 義父のその要素をしっかりと受け継いでいる俺様にも、同じような感情を抱いている。 でもこの俺様親子に、伴侶に対する「思いやり」というものが少しでもあれば、おそらく息子が抱くその「感情…

女は道具

娘が高校時代にディベートをやっていて、ジェンダーを議題にしたことがあり、母子で結構話をした。 ジェンダーとは生物的な性の違いでなく、社会的に求められる性の差を指すのだという。 女はこうあるべき、男はこうあるべきという理論がそれ。 家事全般をこ…

時間の力

時間というのはすごい力を持っている。 どんなに苦しんでも、そんなに悲しんでも、一生忘れないと思ったことでも、その大きさや形をいつの間にか変えていく。 思いついたらすぐに行動してしまう私だが、極力動かないことのほうが幸せだと、50年かけて学んだ…

スタンプカード

あとから思えば、あれっ?て思うようなことはたくさんあった。 やはり1番は、性的な要求が何もなくなったということ。 私にはもともとそういう欲がなかったし、俺様への愛情は自分の中でほとんど感じられなかったので、求められなくなった傾向をむしろ歓迎し…

名刺

俺様は女遊びはできないと思っていた。 めちゃくちゃイケメン、めちゃくちゃダンディー、めちゃくちゃ優しい、めちゃくちゃお金持ち― 既婚者の男には、そういった「プラスのなにか」がないと他の女性はリスクを背負ってまで寄りつかない。 俺様にはそんなも…